札幌のエーライフはいかついレイプマンみたいな輩がいるから気を付けた方が良い理由!

ども!夢の世界では可愛い子を何度かレイプしたことある管理人でございます(笑)

たまにニュースを見ているとレイプや強姦みたいなことをして捕まっている輩がいますが、
あんなの氷山の一角で実際には事件になってないだけで被害者は沢山いると思われます。

というかプチレイプくらいならばその辺で日常的に行われていて、
実際に私は札幌にあるエーライフというクラブでレイプまがいの行為を見かけました。

しかも目撃したのが1回、2回ではないのでこれは道産子女子達の身の安全の為にも、
いかに札幌エーライフが危険な場所であるかシェアした方が良さそうなのでシェアします。

札幌エーライフは完全なナンパ箱

まず前提として札幌エーライフはいつもだいたい男女比が7対3くらいで、
男はナンパ目的のスケベばかりで完全にナンパ箱になります。

特に土曜日はあわよくばお持ち帰りを狙ってる気持ち悪い男ばかりで溢れかえっており、
明日のsexを夢見て一生懸命にナンパして酒奢っている奴ばかりです(笑)

ナンパ箱

札幌にはエーライフ以外にも色々クラブがありますがリベエラは単純に音楽を楽しむ人が多かったし、
昔からあるブーティーは外人多いし完全に音を楽しむ人で溢れ返っています。

札幌エーライフはナンパ箱なんで女の子だけで行こうものならば、
よほどのブスやババアでもなければ確実にナンパされるはず!

というかお酒が入って野郎達は頭がイカれてるのか、
まあまあなブスやデブスとかにもナンパしてるアホとかもいるので、
ナンパされる確率は90%くらいあるでしょう。

セクハラ男子が沢山いる

女の子にとってクラブ遊びをする時に厄介といかウザいのが、
人混みや爆音をいいことにセクハラまがいなことをしてくる男が多いということです。

男はセクハラしたいが為に女の子にお酒を奢りスキあらば手を繋いできたり、
盛り上がってる時などはドサクサに紛れて抱きついたりなどめちゃくちゃボディータッチが激しいです。

女の子からしたら手を繋いだり抱きつかれた時に許してしまうと、
野郎は酔ってるのもあり完全にムラムラモードなんで、
次にくるのはキスや胸やおしりタッチで油断してると調子に乗って触ってきます。

セクハラ

これはプチ裏情報ですが札幌エーライフに行く男性陣の間では、
キャバクラ感覚でセクハラを楽しみに札幌エーライフに行ってる人間も少なくなかったりします。

なので、よほど全盛期の沢尻エリカ様みたくめちゃくちゃ殺気を出せる女の子じゃないと、
酔っぱらったセクハラマンにプチセクハラされるのはま逃れられないのかなと思われます。

いかついレイプマン

これはだいたい10%くらいの確率でいますが、
札幌エーライフでは一部ヤンキーみたいないかつい野郎達が遊びに来てて、
イベントや年末などは度々喧嘩してたりします。

ヤンキー同士が勝手に喧嘩したり殴り合ってる分には良いのですが、
なんと彼らは怖さを生かしてレイプまがいなことをしたりしています。

私が実際に目撃したのはホールが盛り上がってる時に強引に抱きつき一緒に踊ってみたり、
はたまたテキーラを無理矢理飲ませて両手で強引に頭を押さえつけてキスしたり。

1番凄かったのは女の子が来て開始5分くらいで、
いきなり無理矢理抱きつき胸やなんとアソコまで手を入れて触るという完全なレイプマンです(笑)

いかつい

女の子達も弱そうなパンピーに関しては軽く雑魚扱いしてあしらってますが、
流石にいかつかったりガタイが良い強そうなのには抵抗できてない感じです。

だからいかつい奴らはやりたい放題でとにかく強引や無理矢理いけば、
半ば合法的に半レイプできるしそのまま強引に持ち帰れたりします。

札幌エーライフに遊びに行くなら強い男を連れてこう!

というわけで札幌エーライフは女の子だけで行くとウザいナンパやプチセクハラはもちろん、
運が悪いといかついレイプマンに半レイプされる場所だと思って下さい。

ぶっちゃけ単なる価値ないブスやデブスクラスでも狙われるので、
平均以上に可愛い子なんかはほぼ100%狙われることになるでしょう。

ただ、唯一ナンパやセクハラレイプを回避する方法があって、
それは強そうな男と一緒に行くという戦略です。

当たり前ですがパンピーみたいな弱そうな奴だと下手したらいかつい奴に取られてしまうから、
連れてくなら喧嘩の1つや2つ朝飯前の強い奴を連れてくと良いです。

この様にうまく強い男を連れて行けばナンパやセクハラレイプの被害には合いませんが、
そんなことまでしてクラブに行かなくても世の中色んな遊び場はあるので他の場所で遊んだ方が良いでしょう。



⇒クリスマス前に11日以内に女の子と手っ取り早く即日S●Xしておっぱいにありつく唯一の方法の記事を読む    

コメントを残す

このページの先頭へ